日本語の住所を英語表記にしてくれるWebサービスがちょっと便利すぎる!

シェアする

最近、外国の商品を買う際、英語表記で住所を入力する時に便利だったWebサービスをご紹介します。
先日、『Xtra PCを買った』のですが、住所を英語表記で入力する欄があり、英語で住所を書くのって、これで合ってる?と一人不安になりながら入力してた時に発見したWebサービスです。
簡単に説明すると、このWebサービスは日本語表記の住所を英語表記の住所に変えてくれるサービスです。

【Webサービス】JuDressのURL

JuDressは日本語住所を英語表記に変換するWebサービスです。実用的な変換だけでなく、実用性のないStylish変換もあります。

【Webサービス】JuDressの使い方


①郵便番号を入力して[住所検索]ボタンをクリックします。

すると・・・


②残りの番地・建物名等を入力します。

③[実用的に変換]ボタンをクリックします。

④すると、英語表記された住所が下に表記されます。

この住所は・・・

【Webサービス】JuDressを使ってみた感想・レビュー

郵便番号と番地・建物名等を入力するだけで、日本語表記の住所が英語表記の住所に変換される。
単純明快でもやもやを解決してくれる。